沿革

沿革

昭和31年(1956年) 北海道松前郡松前町にて、菅原岩夫、政秀兄弟による土木建設業 菅原組を創業。
昭和34年(1959年) 社長 菅原岩夫、専務 菅原政秀にて松前町に資本金200万円で株式会社菅原組を設立。
昭和54年(1979年) 自航式起重機船すがわら丸就航。
自社船による施工体制が始まる。
本社を函館市赤川町199番地7に移転。
昭和56年(1981年) 熊石出張所を開設。
昭和58年(1983年) 10回の増資を経て、資本金6,500万円となり現在に至る。
昭和61年(1986年) 曳航式起重機船第二すがわら号就航。(通称:セントン)
昭和62年(1987年) 札幌支店開設。
関連会社(株)カンエーを設立。
平成5年(1993年) 160t吊起重機船第三すがわら号就航。
平成7年(1995年) 代表取締役 菅原徹、専務取締役 菅原修就任。
スパット船第五すがわら号就航。(通称:ダイゴスパット)
関連会社 (有)菅原海洋開発工業設立。
平成9年(1997年) 210t吊プッシャー式起重機船第七すがわら号就航。(通称:ダイナナ)
平成11年(1999年) 160t吊プッシャー式起重機船第八すがわら号就航。(通称:ダイハチ)
第七すがわら号と共に大型起重機船2船体制が確立。
平成12年(2000年) 「自掃式水産協調ブロック」の研究開発に着手。
北海道庁の地域新産業創造活動事業として採択。
平成13年(2001年) 国際品質保証規格ISO9002;1994認証登録。
平成14年(2002年) 自掃装置付沈設型ブロック魚礁「シェイブ・ロック」実用新案登録。
平成15年(2003年) 品質マネジメントシステム国際規格ISO9001;2000認証。
120t吊プッシャー式起重機船第十すがわら号就航。(通称:ダイジュウ)
第七、第八と共に大型起重機船3船体制になる。
平成16年(2004年) 環境マネジメントシステム国際規格ISO14001;1996認証登録。
平成17年(2005年) 福島工業(株)の営業権を取得し、経営に着手。
平成18年(2006年) 創業50周年を迎える。
自掃装置付沈設型ブロック魚礁「シェイブ・ロック」特許取得。
バイオディーゼル事業「D-OiL」開始。(平成28年に廃止)
平成19年(2007年) 産業廃棄物収集・運搬業許可取得。
平成21年(2009年) 本社を現在地、函館市浅野町4番16号に移転。
平成22年(2010年) スパッド式バックホウ台船(クレーン搭載可能)第十一すがわら号就航。
(通称:ダイジュウイチ)
労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001:2007認証取得
平成24年(2012年) 岩手県大船渡営業所開設。
平成26年(2014年) 函館市石川町(約4700㎡の敷地)に容量217.8KWの太陽光パネルを設置。
年間発電見込量277,000KW。
北海道電力㈱に売電開始。
平成27年(2015年) 代表取締役に菅原修就任。現体制が始まる。
平成29年(2017年) 新造船「第十八すがわら号」が就航。
令和2年(2020年) 労働安全衛生マネジメントシステムISO45001:2018へ移行
令和3年(2021年) 企業行動規範制定
ESG/SDGs行動計画制定

交通アクセス

〒040-0076 函館市浅野町4番16号
TEL:0138-44-3710
FAX:0138-62-3710

JR函館駅から 車で10分
JR五稜郭駅から 車で7分
函館空港から 車で25分